スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
その思いは空気をふるわせたか

立川談春『赤めだか』(扶桑社)を読んだ。
一気読み。評判に違わぬ面白さだった。
ここまで文章に引き込まれたのは本当に久しぶり。
「女々しい男らしさ」「饒舌な寡黙さ」。そんなことを思った。

談志があるときこんな話をしたという。

 お前に嫉妬とは何か教えてやる。
 己が努力、行動を起こさずに対象となる人間の弱味を
 口であげつらって、自分のレベルまで下げる行為、
 これを嫉妬と云うんです。(中略)
 本来なら相手に並び、抜くための行動、生活を送れば
 それで解決するんだ。しかし人間はなかなかそれができない。
 (中略)
 その行動を起こせない奴を俺の基準で馬鹿と云う。

「お前」と荒っぽくふって「云うんです」と丁寧に締めるところが
たまらない。自省的な言い回しが心に響く。
それはさておき……。

談志がこの話を談春にしたのは、
ごく簡単にいえば後輩・志らくが入門してきたから。
高田文夫の紹介で入門した大卒の志らくは、
当初から相当な技術とセンスを持っており、
談志にも寵愛されていたという。
つまり談春は志らくをねたんでいたんだそうだ。

そう、男はねたむんです。
女々しいんです。
男だからこそ、女々しいという表現が
成り立つくらいですから。
なんて、開き直ってる場合じゃない。
二ツ目になるためには、もちろん真打ちになるためには
師匠に認められなくてはならない。
それ以上に、そもそも惚れ込んで弟子入りした師匠には
目をかけられたいし、ほめられたい。
談春は弟子からの師匠への思いを
「子供が母親に向かって駄々をこねるように」と書いた。
男が男に惚れる。人生をかけて弟子入りする。
真剣だからこそ、感情がむき出しになる。
その必死さゆえの女々しさが、僕には男らしく見えた。


「師弟関係は恋愛にたとえるのが一番わかりやすい」
とは立川談四楼師匠の言葉だそうだ。
恋愛にたとえられるほど、師弟関係のもつれは面倒だ。
その最たるものが人間国宝・五代目柳家小さんに破門され、
立川流を立ち上げた家元・立川談志との関係
といえるのではないだろうか。

落語界最大のタブーともいえるその関係に、談春はあえて仕掛ける。
なんと真打ち試験を兼ねた連続独演会のゲストに
小さんを招くことを画策するのだ。
そして意外にも、小さんはあっさり快諾。
談春を介して、小さんと談志の距離は近づくかに見える。
手打ちとなるか、否か……このくだりはぜひ本でどうぞ。

本はあくまで回顧録。
だから現在進行形では語られなかったことが、
各方面からの発言で明らかになっていく。
「当人のいない場ではいつも小さんは談志をこう評していた」とか、
談春を抜いて弟弟子の志らくが真打ちになるとき、
春風亭小朝があることを談志に問うたとか……。
語りのプロたる談春の情景描写で、
ひりひりするほどの沈黙が伝わるからこそ、
その裏に隠された男の心意気、気遣いがあぶり出される。
でも、きっと当人どうしには、何かが伝わっているはずだ。
そう思いたい。
言葉にならない思いが、わずかに空気をふるわせていると。



男のくせに女々しい。
しかとを決め込んでいるようで恩義を忘れたことはない。
白黒つかないグレーな人間模様。
江戸に開花した芸能にたずさわるからこその
メンタリティなのかも知れないが。
かっこいいなぁと聞き(読み)惚れた。


談志は言う。
「落語とは人間の業の肯定である」。
落語を聞こう。
その笑いが僕らを祝福してくれる。




( 2009.04.30 ) ( 未分類 ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
花鳥堂のクリームパン



有楽町線・江戸川橋駅のすぐ近くでローカルなパン屋さんを見つけた。

ブランジェリー花鳥堂。

レトロかわいい看板につられて入ってみた。

コロッケパンやぶどうパンなどが並ぶ昔ながらの品揃え。

クリームパン140円を選ぶ。



店を出て、買い食いな気分で歩きながらいただく。

…んっ、うまい!

やさしい甘さのカスタードクリームは、

オレンジピールのさわやかな風味づけがしてある。

全然期待していなかっただけに驚いた。

店で焼いているパンはふわふわ。これはいい! 



雑居ビルのなかに潜んだ街の名店を見つけて、
なんだかうれしくなった。




( 2009.04.28 ) ( 未分類 ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
勝手に春の番宣


ここのところ立て続けに面白いテレビ番組を見た。

ひとつは金曜23時からTBSでやってる鶴瓶のインタビュー番組『A-STUDIO』。
http://www.tbs.co.jp/A-Studio/
よくゲストの知人からコメントをもらっています……なんてシーンがあるけど、そのコメントを取りに鶴瓶が直接会いにいっちゃう。素人の懐への深い飛び込みはNHK『家族に乾杯』で実証済み。「こんなんあったんやろ」とゲストの小学校時代の内輪なエピソードを紹介する。綿密すぎる取材に戸惑うゲストがツボ。
鶴瓶の取材がVTRなしなのもいい。証拠写真な記念撮影だけ。「ホントに行ってるよ!バカだねぇ」と脱力させられる。ある種、どっきりなインタビュー番組。この春スタートしたばかりだから、旬のうちにどうぞ。

もうひとつが東京ローカルMXテレビの日曜23時『松嶋×町山 未公開映画を観るテレビ』。
http://www.sonymusic.co.jp/etv/matsumachi/
タイトル通りの内容で映画評論家・町山智浩さんがおすすめの日本未公開映画が見れる。オセロ松嶋の素人目線すぎるコメントもウケる。昨日やっていたのは『THE YESMEN』。批評対象になりすまし、文字通り“ホメ殺し”する番組。たとえば放映当時のアメリカ大統領・ブッシュの支持団体になりすましてホームページを立ち上げ、彼の悪業を偉業としてホメ殺す。マイケルムーアな感じ。これからどんな映画が取り上げられるのか楽しみ。町山ブログ好きは必見です。
この番組はソニーミュージックエンターテインメントが制作?のシリーズのひとつらしい。サイトを見てみると、ほかにも『内村さま~ず』などあり。MXが面白いことになってる!? チェックしてみようっと。

今日はこのくらいで。




( 2009.04.27 ) ( 未分類 ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
謎のしおり



古本は楽しい。

美味しんぼな気分で選んだ『魯山人味道』。買ったあと、しばらく家で寝かしてから、手に取った。思っていたより、家庭料理に役立つことが書いてある。焼きのりで作るあつあつの佃煮、いいなぁ。

本を一度閉じようとして気がついた。……何か挟まってる。

先代の所有者がしおり代わりに使ったメモだ。

Limehouse Bluesという曲のコード。そしてP.P.I.Recording Studioの住所。

ミュージシャンだろうか? だとしたら楽器は何だろう? 6thアベニューにあるというスタジオはどこにあるのだろう? NY? 12/4とは何年のことだろう? 

次々に浮かぶ「?」とともに想像がふくらむ……。






何度目かのアメリカ。音楽の神様に祝福された国でのセッションは毎回刺激的だ。ただひとつ嫌なのは、長時間のフライトとうまい和食にありつけないこと。だから、ホテルは多少不便でも小さなキッチンつきを選ぶ。成田空港で本屋に立ち寄り見つけた一冊は、お茶漬けの作り方が載っているのが気に入った。機内であらかた読んで、今は日本の食材を扱うスーパーで何を買うか考えている。最小限の服が入ったバッグには、醤油と味噌、米を四合をしのばせてある。JFK空港には夜に着く。冬のNYで冷やされた体をお茶漬けで温めるのも悪くない。そして、ほっと一息ついたら、初めて覚えたあの曲をつまびこう。ライムハウスブルース。親父のレコードコレクションを盗み聞きして、感動に打ち震えたあの曲を。






なんてね。

空き瓶に詰めて流された手紙を見つけたような巡り合わせ。このメモの持ち主を思う。

古本は楽しい。




( 2009.04.20 ) ( 未分類 ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
カーテンコール

コロムビア*レディメイド オフィシャル・サイトが、2009年4月1日の(おそらく)零時きっかりの更新を最後に、幕を閉じた。
http://columbia.jp/columbia-readymade/

小西康陽さんの文章のファンであることは、何度もこの日記で書いている通り。今月末に発売になるという新刊のディスクレビューの一部が読めるうえ、野本かりあ、akiko、バンヒロシ、前園直樹といったアーティストから、須永辰緒(レコード番長)、堀部篤史(恵文社一乗寺店店長)、安田謙一(『ピントがぼける音』)、長谷部千彩のほか、レコードな世界の住人たちまで、雑誌形式で多数の人が寄稿している。

毎日更新されていたこのサイトをチェックするのは僕の日課になっていた。ときに、ドキッとするような文章に出会い、一日を気持ちよく過ごすことができた。たとえば、こんな文章。

 Miles Davis / milestones
  最新型のクラブ・ミュージック。60年代のジェイムズ・ブラウン、70年代のスライ・ストーン、
 80年代のグランドマスター・フラッシュ、90年代のロニ・サイズと串刺しに並べてみれば、
 この音楽の新しさが分かる。
  時代が30年の後であれば、12インチ・シングルとして発表されるのが相応しい作品
 だった。A面に「マイルストーンズ」、B面に「ビリー・ボーイ」というのなら、それは完璧な
 12インチであり、もちろんリミックスなど不要だ。
  この「ビリー・ボーイ」では、マイルスは演奏に参加していない。まるで現代のDJのように
 プロデューサーの立場にいるのだ。

これは小西さんによるディスクレビューから。ヒップ!


  ”Most beautiful sound next to silence”
  「沈黙に次ぐもっとも美しい音」――冒頭で、ほんのひとときだが無音状態=沈黙を
  リスナーに与えることで、それに続く音楽をより印象的に聴かせられる、
  とECMは信じているのだ。

これは斉藤嘉久さんというユニバーサル・ミュージック勤務の方。ジャズへの深い愛が美しい。


小西さんのショートショートのような余韻深い文章もある。

  「そんなにSPが好きなら、地下に来ないか」
  振り返ると、店主がうしろに立っていた。聞けば、この店の地下倉庫に、
  もう何十年も誰もさわっていないSP盤が山ほどあるのだという。

これは松永良平さんという文筆家でハイファイ・レコード・ストアの方。引き込まれます。


 奮起した僕はふと「片眉落とし」を思いつきました。格闘家の人などが山篭りする際に、
 片方の眉毛をそり落とし「眉毛が生え揃うまで、下山しない」と固く決意するアレです。
 漫画で得た知識なので、実際にやった人がいるのかどうかはもちろん知りません。
 が、これを真似て「眉毛が生え揃うまでクラブに遊びに行かずに、家に篭って
 トラックを作る」と決意をしようと思ったのです。

これはBOOT BEATさんというDJの方。ほんわか面白い。


これからもここに挙げた人たちの文章・活動は追いかけていきたい。
彼らの文章との出会いをくれたコロムビア*レディメイド オフィシャル・サイトに感謝。
本当にありがとうございました。



*まだ、しばらくはサイト全体が見れなくなることはないそうだけど、読み返したい文章なので自分のTumblrにクリップしておいた。家族を黙らせて、テレビの主題歌をテープレコーダーで録音するような、愛のあるファン心理なのであしからず。
http://rubic3.tumblr.com/




( 2009.04.01 ) ( 未分類 ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。