スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
デラbeppuもしくは勝手に観光協会


別府いいとこ一度はおいで。
とはよく言ったもんで、行ってきました。
仕事で、ですけど。

なんといっても温泉です。
そんなことは知ってますよね。
ただね、あなたは知らないんですよ。

ほとんどの温泉郷は、源泉がいくつかあって
泉質はどれも似たり寄ったり、だと思います。
でもね、別府は違うんです。
この世の中にある11種類の泉質のうち、10種類が
別府市内にあるんだそうです。

これはつまりですね、温泉ビギナーでも
「あそこのお湯はいまいちだったけど、ここはいいね!」
なんてコメントすることが可能なんです。
だって、別府駅近くで入ったお湯と、
少し離れれた鉄輪(かんなわ)では明らかにお湯が違うんですもの。
だれだってわかるんです。

僕は仕事の合間に入った、明礬にある「鶴の湯」が好き。
上の写真にあるみたいに、源泉から川のように流れてるんです。
湯に入るまえには川下で洗ってから。これ鉄則です。
肌がしっとりする泉質なのもいいッス。
ここ10年で最高の肌のコンディションだわ。


街を歩けば温泉にあたる。
公衆浴場はすべて温泉で、入湯料はほとんどが100円~無料。
お賽銭、なんてのもあります。
全室温泉つきマンションなんてのは、ぼこぼこ建ってます。
別府は温泉を持て余してる。不要な湯は排水溝へ、ですから。
空気や水のような存在なんです。

「お兄さん、どっからきたん?」
「もうちょっとあっちの方が熱くないよ」
地元の方との、裸づきあいもいと楽し。
関サバ、関アジ、城下カレイ。
海鮮も最高です。水がうまいから、酒もなかなか。
エッチな兄さんにはでっかい歓楽街が待ってます。
デラベッピンよりいいと思いますよ、きっと。

もともと僕は別に温泉好きでもなんでもありませんでした。
好きでも嫌いでもない。だからわざわざ選ばない。
その程度でしたよ、温泉なんて。

同じように思う人がいれば、ぜひこう言いたいです。

別府いいとこ一度はおいで。

スポンサーサイト



( 2005.10.02 ) ( 未分類 ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
コメント

コメントする?












 秘密コメント

トラックバック
トラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。